霧氷の化粧 雲取山2015年2月19~20日(金)

冬の醍醐味の霧氷と冬景色と避難小屋からの
朝焼けを見に雲取山に出かける。

まあまあ楽しめた。霧氷の見物は前日が濃い霧か雨か雪が
降らないと見えないと。2日目ではただの冬山に戻ってしまう。

霧氷の化粧をした雲取山2015年2月19~20日(金)

袖沢の部落周辺から東北斜面

霧氷の化粧をした雲取山2015年2月19~20日(金)1

小袖乗越駐車場からの東北斜面

七ッ石小屋には水を補給するため立ち寄っている。
 水は①無料②高度が高い③雲取山への巻き道は

余り氷結していず安全大変有り難い。
水は奥多摩小屋でも補給できるが雪が多いと補給困難な時が有る。

霧氷の化粧をした雲取山2015年2月19~20日(金)2

七ッ石小屋⇔ブナ坂(ブナ坂近く)
なかなか見ごたえのある。

霧氷の化粧をした雲取山2015年2月19~20日(金)3

ブナ坂⇔奥多摩小屋の日帰登山者(奥多摩小屋近く)
結構雪深い。写真に人物が入ると見ごたえが上がる。
(了解を得て掲載してます)平日の為、登山者
が少なく人物が入る写真がなかなか撮れなかった。


霧氷の化粧をした雲取山2015年2月19~20日(金)4

小雲取山を越えると避難小屋が見える
この辺は雪はそんなに深くない。気持ちよく歩く。


霧氷の化粧をした雲取山2015年2月19~20日(金)5

避難小屋手前の霧氷

霧氷の化粧をした雲取山2015年2月19~20日(金)6

避難小屋への最後の斜面2
鴨沢バス停から6H掛かった。普通は4.5H~6Hで登れる。

堂所下部で山荘に泊まると言っていた方が下ってきた
。鴨沢18:36でと。間に合いますと答えた。

霧氷の化粧をした雲取山2015年2月19~20日(金)7

頂上霧氷1
針の様な木々。太れないのね。

霧氷の化粧をした雲取山2015年2月19~20日(金)8

避難小屋からの朝焼け1
何時もは、日の出30分前位からGradationショーが始まるが
今回はつまらなかった。何時もは雲は上空には出ないが、

今日は雲が出て素敵な朝焼けが見れた。昨夜の気温は
-1.5℃だったが、朝は-9.5℃だった。普通の寒さだ。

空の雲だけが普通ではなかった。避難小屋には他2名が
泊まったが、朝焼けは見なかった。何とモッタイナイ。

避難小屋にはガスボンベ1本と単三電池3本が放置されている。
このような方は避難小屋利用は遠慮してもらいたい。

鴨沢のバス停から2-30m道を登ると左側にV字に曲がる。
左側は小学校跡。右側の登山口の小さな標識が有る所に

小屋がある。2,3年前は7X歳のお爺さん(山の家の方)が竹籠を編んで
いたが見なくなってしまった。

登り時におばさんと話したら亡くなった?と言っていた。
帰りの時にお爺さん(背中はぴっしっと伸ばしている。学校の

先生だった)が竹籠を編んでいた。幽霊かと一瞬思った。
覚えている?と話したら返事が返ってこなかった。

前に同じ質問をした時は、覚えていて話がかみ合ったのだが。
暫く見なかったがどうしてたのと聞いたら、TVの画面に

穴が開くほど。それも飽きたらしくまた竹籠を編み出したようだ。

手はアルコール中毒の様に震えていた。紅葉の話になった。
昔、奥多摩小屋の上部が真っ赤に紅葉した時が有った。
9月4日だったと。

10月では無かったのと言ったが9月と言い張る。1800m位
の標高の話なので9月の初旬は有り得ないのだが。

雲取山登山 44回目

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック