北アルプス焼岳 2009年6月20日

(土)、(日)は晴れそう。北アルプスの焼岳 標高2455mなら暑くなく登れそう。松本に前泊すれば
1日で帰って来れそう。

北アルプス焼岳 2009年6月20日

中の湯ルートからの焼岳  一番高い所がPeak 噴煙の直ぐ手前を横切る

北アルプス焼岳大正池近くエンレイソウ 2009年6月20日

エンレイソウ
自然光で影が写り印象的な写真になった。大正池(下山口)

北アルプス焼岳頂上から上高地 2009年6月20日

上高地を望む

北アルプス焼岳頂上から奥穂 前穂 岳沢 2009年6月20日

奥穂 前穂 岳沢を望む

上高地からは何度も見たことがある焼岳。大正池を作った山。見るだけの山と思っていた。
噴煙をあげており危険な山?。一時期、登山禁止になっていた。

独立峰に近いため、穂高連峰、槍ヶ岳、乗鞍岳、笠ヶ岳、霞沢岳、上高地が良く見えた。
焼岳→焼岳小屋の砂礫の多い緩やかな斜面にはイワカガミ、ツガザクラの群落を作っていた。

登山者は少ないだろうな?。急登だろうな?。夏は暑そうだ?が今がベストシ-ズン?と思い
出発。予想に反して頂上は5X人もいた。頂上は時々噴煙が流れ硫黄臭い。焼岳→上高地間には
10M位の垂直なハシゴが設置されており安全性はしっかりしていた。

北アルプス焼岳ツツジ 2009年6月20日

ツツジ(焼岳小屋近く)

北アルプス焼岳噴煙中の湯コース2009年6月20日

噴煙(中の湯コースの上部から)
噴煙の直ぐ横を数人横切っている

北アルプス焼岳ツガザクラとイワカガミの群落2009年6月20日

ツガザクラとイワカガミの群落
焼岳→焼岳小屋間

北アルプス焼岳イワカガミ2009年6月20日

イワカガミ
焼岳→焼岳小屋間

北アルプス焼岳中の湯コースのツツジ2009年6月20日1

中の湯コースのツツジ1

北アルプス焼岳中の湯コースのツツジ2009年6月20日2

中の湯コースのツツジ2

北アルプス焼岳頂上2009年6月20日

焼岳頂上  雲が噴煙

北アルプス焼岳頂上噴煙口2009年6月20日

頂上直下の噴煙口

北アルプス焼岳キショウラン2009年6月20日

キショウラン

北アルプス焼岳2009年6月20日7

中の湯コースにて 穂高を背景に
夫婦連れの方が写してくれた。


(金)の19:30頃、立川から松本行きの特急に乗る。途中、鹿をはねたため20分程度遅れた。
ホテルはインターネットで直接で予約した。5000円(別のインターネット:ルルブではもっと高い価格だった。)

朝一番の電車(新島々行)とバスで中の湯で下車。10人位下車。
林の中では多少、ブヨに絡まれるが大したことは無い。

夫婦の方と並登。天気は予報通りの晴れ。所々ツツジが色を添えた。途中から噴煙の頂上が迫力的。
雪渓をほんの僅か横切った。

頂上近くに、別の噴煙口が有った。
15人パーティの方たちのお尻になって焼岳小屋に向かう。途中はイワカガミの群落。ガイドブック
には書いてないが、今まで見た山で一番一杯咲いていた。

焼岳小屋に一泊し、☆空と、夕焼け、朝焼けを見ようと思っていたが、今朝の天気予報では
21時頃から雨の予報とのこと(15パーティのお尻の方)。上高地に下る決心をする。

上高地に近くなってから後ろから今日は、重くないですかと声を掛けられる。
何と外国人から。僕と同じくらいの背の高さのヨーロッピアン。脂肪も付いていない。

髪をきちんと切ってあることから、ヒッピーでは無さそう。サングラスを掛けていたので目の色は
確認できなかった。日本語で返事をしたら、片言。でも誰にでも声をかけられるのは立派。

何でマイナーな焼岳に来たのと聞いたら、日本に来る前に、ガイドブックに、日帰り登山が出来ると
有ったからと。(多分噴火の山である事も有るだろう)今日は何処に泊まるのと聞いたら、高山と。

予想外の答えに僕は”え?”と反応した。上高地に泊まるには高すぎて、高山に泊まり温泉に入
るとのこと。僕にも上高地は高すぎるので、ミー ツと答えた。

満足して上高地に到着。バス、電車を乗り継ぎ、高速バスで東京に着く。
高速代が安くなったためか、渋滞の表示になっていたが、きわどく渋滞には巻き込まれなかった。

(皆さん、エコイストじゃないのね。エゴイスト。僕もエゴイスト)
また登りたい山だがお小遣いが無い。頑張って稼ごう。エゴイストで通すぞ!。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック