テーマ:登山

うっすら霧氷 冬の雲取山2015年2月6~7日(土)

悪天候が巡ってきた。霧氷が付きそうな状態になった。(悪天候の翌日 )奥多摩駅周辺はびっくりするような霧氷が出現。 2月6日(金) 雲取山避難小屋から石尾根を振り返る 2月6日(金)奥多摩駅背後の山の霧氷1 いつもは全く霧氷に成らない森だが 2月6日(金) 奥多摩駅と背後の山の霧氷2 霧氷が桜の花の様に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頂上霧氷 冬の雲取山と七ッ石山 2015年2月27~28(土)

2つ玉の低気圧が通過した。悪天候の後には霧氷 が見れるだろうと今冬6回目の登山。 雲取山山頂霧氷3 いつも低気圧が通過中か通過直後に樹氷見物に出かける。 ほぼ1日で消えてしまいはかない。 小袖部落上部に有る廃屋の所から見る七ッ石山(標高1757m)。  頂上が霧氷に覆われている。 今日は七ッ石山経由で登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北アルプス焼岳 2009年6月20日

(土)、(日)は晴れそう。北アルプスの焼岳 標高2455mなら暑くなく登れそう。松本に前泊すれば 1日で帰って来れそう。 中の湯ルートからの焼岳  一番高い所がPeak 噴煙の直ぐ手前を横切る エンレイソウ 自然光で影が写り印象的な写真になった。大正池(下山口) 上高地を望む 奥穂 前穂 岳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神秘の霧氷 冬の雲取山 2015年1月23~24日

21~22日に東京は雨が降った。山は霧氷 のオンパレードと白銀の世界の雪模様を楽しめた。 また、日の出前のグラデーションも楽しめた。  1月23日 避難小屋に着いてゆっくりし見返す 。 Christmas treeが一杯 1月23日 避難小屋から2分程に有る頂上。純白がとっても綺麗。 いつもは雪が少なく三角点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧氷の化粧 雲取山2015年2月19~20日(金)

冬の醍醐味の霧氷と冬景色と避難小屋からの 朝焼けを見に雲取山に出かける。 まあまあ楽しめた。霧氷の見物は前日が濃い霧か雨か雪が 降らないと見えないと。2日目ではただの冬山に戻ってしまう。 袖沢の部落周辺から東北斜面 小袖乗越駐車場からの東北斜面 七ッ石小屋には水を補給するため立ち寄っている。  水は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠ヶ岳~鷲羽岳~黒部五郎岳~薬師岳 2009年8月8~

笠ヶ岳、鷲羽岳、黒部五郎岳、薬師岳を廻った。薬師岳では見事な朝焼けと、満天の星と雲状の 天の川と雄大な雲海が見れた。 黒部五郎岳は荒々しい岩壁と見事なカール、コバイケソウの群落、頂上からの槍、穂高、笠ヶ岳の 風景が圧巻。初日の笠ヶ岳は霧の中でちょっと残念。鷲羽岳は台風の影響で横殴りの雨。 薬師岳での朝焼け …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大熊峠→メルガマタ→丸山岳→会津朝日岳イワナ釣り1980年9月12~13日

銀山湖からダムを下り只見川・袖沢を越し対岸の尾根に取り付いた。まともな道は無い。暫く行くと熊打ちの 道に出た。大熊峠は藪となったが、メルガマタ上流に下る道が有った。イワナは足元を逃げた。イワナは2匹 しか釣れなかった。30分位藪を漕いで登山道(今はもう藪道)に出た。丸山岳頂上 標高1820m でテントを張りテントから顔を出し星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の大渚山(頂上雪洞) 山スキー 1981年3月6夜~8日  

頂上で雪洞。苦しい登りだったが、天候に恵まれ山スキーを楽しむ事が出来た。 僕たち以外は人がいず静か。熊谷さんが写した写真は綺麗だった。 大渚山 頂上近く 写真:熊谷さん提供 頂上への登り。重い雪が板の上にのしかかった。 8日朝 滑走開始 8日朝 霧氷の中、滑走開始  8日朝 新雪の中滑走1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の守門岳縦走(巨大雪庇) 1977年4月3~4日

途中でテント。ルートは大白川~保久礼コースを辿った。太陽に照らされるテカテカの巨大雪庇が印象的だった。 4日 快晴の中藤平山を出発 入山日は曇り後小雪で視界が悪く、また尾根は広くルートが良くわからない為、 藤平山(9:15着)にテントを張った。 雪煙を上げる大岳 守門岳から大岳に向かう途中は、雪煙が舞っていた。大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の守門岳(雪洞)山スキー 1979年3月30~4月1日

稜線で雪洞。只見線大白川駅から入山、ここが登山口。大原スキー場から頂上を超え保久礼小屋に下るコースを取った。 31日は嵐で電車が大幅遅れた。 保久礼小屋に向かって滑る千葉iさん 保久礼小屋に向かって滑るぽんぽこ狸 保久礼小屋に向かって滑る熊谷さん 滑る準備の千葉さん熊谷さん 滑り終えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨飾山モルゲンロート 2009年10月11~12日

紅葉の時期に登ろうと思い数年がたった。紅葉のポイントは荒菅沢。10月14日前後が通常 ピーク?。紅葉の時期には早かった。冠雪の焼山、妙高山方面がモルゲンロートに染まったのが 印象的。 12(月)5:35、笹平直下から。冠雪の焼山(手前)と妙高山をバックにモルゲンロートになった 荒菅谷の絶景Point。中央Peak…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲取山厳冬 最低気温-15.5℃ 2012年2月8~9日

7(火)は前線が日本海から南下。東京でも雨が降った。もしかしたら、雲取山に霧氷が 見れるかもと休暇を取って登山。鴨沢コース、避難小屋利用。 奥多摩湖の湖面が凍結していた。 もう直ぐ頂上への急登直前 鴨沢の少し上流の奥多摩湖  強い寒気で3年振りに湖面氷結 西府駅で電車に乗る直前に細かいあられが降ってきた。奥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の雲取山 雪景色 鴨沢コース 2011年3月26~27日

寒かった。頂上の避難小屋では最低気温-12℃と真冬の温度になった。 雪も近頃としては最も多かった。(3月頃が一番積雪が多くなる事が多い) 3/26(土)小雲取山近く。 いつもは雪は少ないが、今回は雪に覆われていた。 天気予報では今週も土、日は晴れ。バスを降りて近くの山肌を見渡すと何時もより雪が 目だった。数回前か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

谷川岳雪渓のヒツゴー沢1978年7月16日

木の日は先行パーティが数多く入っていたが、僕たちが取り付く頃、ぞろぞろ下ってきた。 (雪渓におののいた?) 入渓 霧か湧いている沢 F1,F2は記憶に有るが、それから先は前回来た時の思い出が余り無い。(前回は雪渓が無かった?) 早くも雪渓が出てきた。スノーブリッジが出て来た。1パーティがガレに取り付き尾根に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶景 雲海 利尻岳2012年8月3日

羽田から✈で稚内→利尻島にはフェリーで渡る。北麓野営場でテント泊.未明に登山開始。 雲海とガスが掛かり始めた山とお花畑が絶景だった。 早朝:北海道と利尻島の間には雲海が広がっていた。 8合目から頂上を振り返る。ガスが掛かり始めた。 たなびく雲 8号目から雲海を望む 頂上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羅臼岳エゾツツジの群落2011年7月31日

登山口にある木下小屋に泊る。エゾツツジの群落と岩が苔生しているのが印象的だった。 岩に苔が生しているのは、準ツンドラ地帯? 木下小屋にも露天風呂がある。老夫婦2人で経営している。1泊2000円とリーズナブル。 30(土)の宿泊者は4名。直ぐ近くの「地の崖:ちのはて」のホテルに客を取られている。 僕は質素で静かな木下小屋が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幌尻岳イワナ釣りも2011年7月24~25日

7/24(日) 朝3:00にとよぬか山荘発のシャトルバスに乗る。ワイパーを掛け始めた。 下車後、取水ダムに向かって歩く途中から大粒の雨が2H弱降った。沢は20Cm位増水。 思わぬ展開となった。次のバスは運転見合わせとなった。 24(日)ガスが掛かり始めた北カールの稜線 幌尻山荘(完全予約制) 25(月) A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越後駒ヶ岳山開き直前2013年6月29日(土)

越後駒ヶ岳(標高 2003m)に登った。枝折峠近くから残雪が有ったが アイゼンは必要なかった。(日)、(月)に登った谷川岳よりはるかに 残雪が多くかった。残雪の多い山を楽しめた。 頂上への最後の登り。左上に駒の小屋が見える。 下山中に駒ヶ岳を見返す。手前の稜線に登山道が有る。 越後駒ヶ岳 右端が頂上。残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エゾコザクラ大群落 トムラウシ山2011年7月26日

この山は2年前の夏、大雪山からの縦走者(ツアー登山者)が十人位遭難死した所で有名 になってしまった。大雪山、トムラウシ山間のお花畑で有名な場所である。 トムラウシ山頂手前のトムラウシ公園でのエゾコザクラの大群落 カムイ天井から コバイケソウの花の群落(花の当たり年みたい。。) と亀みたいな岩 エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴れた宮之浦岳+永田岳 2009年11月4日

宮之浦岳( 標高1936m)は11月は晴れる確率が高い?。 晴れの日に登頂出来る様に調整した。登山ルートは荒川登山口を往復。 頂上では日の出前後が一番晴れる可能性が強いので新高塚小屋をAM3:50出発 日の出30分頃前に頂上に立った。ブロッケン現象も見えた。 霧が去来する山腹(宮之浦岳山頂から)。霧は太平洋側から来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キナバル山2012年12月14~16日

Tanさんの家族5人とMt.Kinabaluへ。 12/16(日)に快晴の中全員登頂。全員怪我も無く無事下山。影キナバル山が圧巻。 2名が疲れて下山口到着が遅れた。ホテル前のローカルレストラン、祐記肉骨茶も最高に美味しかった。 頂上からの影キナバル山(海に影を落としている) 日の出(こんな景色が見れると思っていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平ヶ岳 恋ノ岐川 イワナ釣り1981年9月2夜~5日

イワナは入れ食い。 9/3 8匹、9/4 19匹 千葉さんと五十嵐さんとで遡行。 釣り竿を持って遡行の千葉 岩魚は初めての五十嵐さん 2001/9/2(水)夜、9/3 22:13 長岡行きは電事故の為、23:30頃発。この時間は通勤客もいずガラガラ。 長椅子に足を伸ばしてごろ寝。高崎あたりで検札が来たが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平ヶ岳 恋ノ岐川 イワナ釣り1996年7月19日~

5回目の恋ノ岐川であろうか。。今年の雪は多く残っており、 3月末の栃木県のハンター マウンテンのスキーに行った時もまだ2Wは滑れると思った。 遡行1 遡行2 7月19日 出口さんは私の家に来て家内の作った食事をした。 このため出発時間は計画より15分遅れとなった。 中嶋さんの車で4号線を走り日光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一杯水避難小屋→酉谷山→タワ尾根紅葉(奥多摩)2012年11月9~10日

紅葉の真っ只中。昨年、タワ尾根のウトウの頭、 金袋山(標高1325m)の錦秋が良かった。今回は酉谷山避難小屋泊り経由でこの尾根を下った。 日原→一杯水避難小屋の小屋に近い所で タワ尾根、金袋山紅葉1 タワ尾根、金袋山紅葉2 せっかくの酉谷山、小さいが立派な避難小屋があり、めったに枯れない水場も有る。 日帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酉谷山 霧の稜線2010年11月27~28日

雲取山の長い稜線の長沢背稜を歩き、酉谷山避難小屋に泊まった。 霧が晴れ上がりそうで晴れ上がらない稜線歩きが楽しめた。 長沢背稜の霧の晴れ上がり  一杯水避難小屋→酉谷山避難小屋間 飛び石連休の中日に休暇を取ったが、天気が悪かったので登山は中止とした。 今回の天気予報は関東北部は(土)は晴天。(日)は夜半に寒冷前線通過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝焼けの霧氷 冬の雲取山 2012年3月11~12日

ここ2-3日、関東地方はぐずついた天気。(土)は山は雪模様。(日)はうす曇?(月)は晴れ? (月)には狙っていた霧氷が見れる? 休暇を取って霧氷見物。避難小屋外の最低気温 -12℃。 避難小屋は3名利用 朝焼けのピンクの霧氷(雲取山避難小屋直下) 日の出前の雲取山から飛龍山方向 日の出前の雲取山からの富…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝焼けに染まる霧氷 冬の雲取山2015年3月10~11日

頂上付近の霧氷に朝日が当たりピンクに染まった。 低気圧が通過し北日本では暴風雪の予報。避難小屋外の 朝は-14℃まで冷え込んだ。今期一番の冷え込み。 2015年3月11日頂上の霧氷ピンクに染まる113 今シーズンは6回目の登山となった。鑑賞 のため寒冷前線の通過中か低気圧の直後を狙っている。 いつもの奥多摩駅8:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安達太良山紅葉2013年10月7~8(火)避難小屋泊

安達太良山に紅葉見物に出かけた。思わぬ所が錦秋。箕輪山⇔鉄山間の笹平を僧悟台に 10-15分下った所。(水場に近い所)。雑誌等には紅葉の名所とは紹介されてなかった。 紅葉の名所:薬師岳から ロープウエイの駅のすぐ近く 女人平(薬師岳から安達太良山頂上に向かう途中) 箕輪山の斜面1(笹平⇔僧悟台の水場近く)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロヤシオ当たり年西丹沢 檜洞丸2011年6月4日

会った方から今年は数年に一度のシロヤシオツツジの当たり年と言われた。 展望台上部の檜洞丸まで0.8Kmの看板上部はシロヤシオのトンネル状態だった。 薄い霧の中のシロヤシオツツジ:シロヤシオは霧と良く合う。余分な背景が薄らぐ。 朝日に照らされるツツジのトンネル シロヤシオツツジのトンネル シロヤシオの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日連峰 出谷川 上流 イワナ釣り1981年7月30夜~8月4日

東北の朝日連峰出谷川上流に雪渓を越えてイワナ釣り。 上流の雪渓1 雪渓の上を歩く、高木さん、陶山さん 上流の雪渓 概念図 7/30 23時発の急行出羽にて山形へ。電車はすいていて楽に行ける。 8/1 山形の朝は寒い。左沢(アテラザワ)線にて羽後高松へ向かう。暑い。間(マ)沢から更に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more